2010年12月6日月曜日

茗荷栄える蕗繁盛

不思議と縁を受けながら、妙賀(信心の喜び)にもふれずに縁を切って行く人、
冨貴繁盛のもとにもなるおかげも受けられるのに。
おしい事である。悲しい事である。

「茗荷栄える蕗繁盛」

ただ縁があるというだけの人と、話がはずむうちに友達になり、仲間になり、親友になる。
自分の思いを思いっきり話して、また、相手の話を聞かせてもらう。
そこに思いもかけなかった事に気がついたり、自分の生き方が変わったりする事さえある。



0 件のコメント:

コメントを投稿