2010年12月5日日曜日

極度の緊張は?

ただ今、受験勉強中の長女の友達に、先日の国立の大学受験の様子を尋ねたという。
彼女曰く、「緊張して、手が震えて、答案用紙をまともに開けられないくらいだったから、駄目だと分かっていた」といったという。
娘が言う事。「緊張しない方法は予備校で教えてくれないもんねぇ。」と。
本人は、自分でも不思議なくらい緊張しなかったというので、「おかげを頂いていたのよ」と、すかさず家内が言う。

師曰く、「お伺いする時には、とりわけ平気でなければならぬ。落ち着いて静かに願え」とある。

0 件のコメント:

コメントを投稿