2011年6月2日木曜日

98%のリサイクル






教祖のご理解第33節に、「お供え物とおかげはつきものではない」と教えられています。
問題は、その心根を見ておられるということです。
以前、ある人が「何をしているかが問題ではなく、何を思い、何をしているかが大事なんだ」と言われました。
お互いに、毎日いろんなことをさせて頂いているのですが、その行動の基になるものを考えよと言うことでしょう。






先日、娘がこんな話しをしていました。
ブラジルに世界一のことがあると。
何かと思えば、「コーラやジュース、ビールなどの缶のリサイクル率が98%にもなる」と言うことでした。
そこで考えること。
ブラジルではなぜそんなことが出来るのだろうか?
答えは明白。「お金になるから」である。
地球の環境を考えて出来れば最高ですが、理想と現実の大きなギャップがここになります。
もし、地球環境のことを考えてできれば、缶だけでなく、水も電気もすべてのものを大事に出来るのでしょうが・・・。
そんな心がすべての基になる世界が生まれることを願っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿