2011年8月3日水曜日

EH! CAMPEAO!!

7月31日は記念すべき日になりました。
第8回ブラジル太鼓選手権がサンパウロ州の奥地にあるプレジデンチ・プルデンチ市にて行われ、同日、第9回よさこいソーラン大会がサンパウロ市のVia Funshalを会場に行われました。
グループ若葉は、そのどちらにも参加しました。

これまで、連日の猛練習に子供達は
勿論のこと、家族が一丸となって協力してくれ、また、ニッケイの方たちに練習の場所を借りたりして、おかげを頂きこの日を迎えることが出来ました。

私は
、よさこいソ-ラン大会に随行しました。
沢山の競合がそろって競う中、一人『若葉の演舞はすばらしい』と感じていました。
これまで、子供達がそれぞれの意見を出し合い、今年は、『大和心』をテーマに曲と歌詞、そして振り付けが創られ、当日を迎えました。

12時からと17時からの演舞に私なりに評価をして、「これはいけるかも?」と思ったのですが、意外な展開もありましたが、おかげで第3位になりました。
子供達みんなが、その喜びに涙する中で、またもや吉報が飛び込んできました。

「若葉太鼓が一位になったああああ!!!」

「えーっ!ほんとう!すご~い」
なんと、太鼓は一位に輝き、来年は群馬県前橋市で開かれるジュニア太鼓選手権に招待され、日本に行きます。

驚きはまだまだ続きます。
それを聞きつけたクリチーバの日本領事館、総領事が是非、若葉のみんなを夕食に招待したいと言うことになり、喜びの波紋が広がっています。

日本の皆さんも楽しみにしてください。
Youtubeでよさこいの演舞と太鼓の演奏を見られますので、ご覧ください。